東京表参道でサニーちゃんが「かつおのタタキ!」コール!

 東京で8月25,26の両日、「原宿表参道元気祭・スーパーよさこい2018」が開催されました。全国から100を超えるチームが参加。高知からも19チームが上京、酷暑の中、表参道、明治神宮、代々木公園などで、元気に本場の演舞を見せてくれました。
 その中でも、私たち高知カツオ県民会議と最も縁が深いのが、「サニーグループよさこい踊り子隊SUNNYS」。そう、サニーちゃんたちです。約40人が東京にやってきました。SUNNYSは2018年8月の高知のよさこい祭で見事、地区競演場連合会奨励賞を受賞しています。サニーちゃんたちは25日には3ステージ、26日には4ステージで踊りました。
d0375307_17150077.jpg
 5月の中土佐町のかつお祭のステージで、県民会議のために踊ってくれただけではなく、ペイントシール配布を手伝ってくれた高知の元気な女の子は、26日午後、表参道交差点から神宮前交差点までの「表参道アベニュー」の演舞前にも、県民会議に協力しくれました。
d0375307_17321809.jpg
 カツオ県民会議にも参加していただいているチームリーダーの出水佐知さんが、一声掛けると、キャラバン隊のお姉さんたちがメンバーを手際よく、整列させます。そのきびきびした立ち振る舞いの清々しいこと。
d0375307_17145127.jpg
 そしていつものコール!「高知と言えば‥」「かつおのタタキ!」。元気な声に、表参道交差点を行き交う人々や、高知から来たよさこいチームの面々に、笑顔が広がりました。

 10月27日の「豊かな海づくりフェスタin高知~土佐のおさかなまつり」でも、県民会議をPRするため、釣りバカ日誌「ハマちゃん」のモデルの黒笹慈幾さんのトークの後、ステージで踊ってくれます。強力なカツオ県民会議の応援団に感謝!
                                       (東京支部 西野秀)
 

by katsuonews | 2018-08-26 17:23 | カツオのたたき | Comments(0)

カツオがやばい!って知ってました?


by katsuonews